中古車の評価方法と重要性

Web Template

一台一台状態の違う中古車を購入するにあたっての判断基準として、必要不可欠とされるのがその車がどんな状態であるかということです。


多くの中古車販売店は、お客の安心と信頼を得る為にも、公平な立場で車両を評価する第三者機関へ依頼します。



この機関は車両検査を専門とする会社やNPO法人のもの、オークション会社などが担う事もあります。そして、各会社で様々な検査を受けたのち鑑定書や車両状態評価書が発行され、それが消費者の判断基準となります。


具体的な評価の基本方法は、まず修復歴のチェックです。

外板部位の状態から骨格部位の損傷を摘出して、過去の事故などの修復箇所の状態や有無を確認します。


そして次に、機関機構や下回りの確認で、エンジンオイルの漏れやドライブシャフトブーツなどのチェックや、車体下部分の擦れキズや凹みなどを検査します。


その後、外装や内装をチェックします。

facebookが最近こちらで話題になっています。

ここでは、ほとんど気にならないような小さなキズやへこみまで丹念にチェックされ、塗装状態や跡、車内の汚れや臭いなどや装備類の動作チェックなど多岐に渡ります。

こういった細かな検査を経てようやく各社の評価書が発行されるのです。


また、中古車販売会社によっては、日本オートオークション協議会の全国統一システムである走行メーター管理システムにて、メーターの改ざんや交換、走行不明の過去履歴がないかなどをチェックしたりもします。



インターネットでの中古車検索や取引が増えてきた昨今、こういった第三者機関のプロが発行する鑑定書や評価書などは、中古車売買の場においてトラブルの回避の為にもより重要になってきています。